第38回三重県オープンゴルフ選手権競技
☆梶川武志(フリー)が66をマーク、通算7アンダーでV ☆ (2016.6.9)



 6月9 日(木)、三重カンツリークラブ(三重)にて開催された「第38回三重県オープンゴルフ選手権競技」は、朝から雲に覆われた空も心配されたほどではなく、決勝ラウンドが無事終了しました。
 昨日の成績により上位120人が出場。初日アマチュアの大学2年生・中山絹也選手(リオフジワラ)が首位に立ち、その勢いのまま駆け抜けるかと思われましたが、前半途中から失速、代ってスコアを伸ばしたのは、45歳のベテラン、梶川武志(フリー)で、折り返し時点でスコアを2つ伸ばし通算4アンダーでトップに立つと、後半もさらに3バーディを奪って独走、通算7アンダーとして、三重県オープン初出場にして初優勝に輝きました。
 中山選手は、今日を76と大きく崩し、通算142・イーブンパーで総合8位タイでローアマチュアを獲得しました。

 優勝した梶川には賞金200万円のほか、副賞としてシャープ60v型4K対応液晶テレビ<三重県ゴルフ連盟>、松阪肉10kg、お米3年分180kg<(株)ミエライス>、中日新聞社賞・トロフィー<中日新聞社>、宿泊券<清少納言>、菰錦豚40kg<ファームショップ ピギーパーラー>と盛りだくさんの賞品が授与されました。
 (MGA 公式ホームページから転載)

梶川プロ三重オープンゴルフで優勝

  優勝の梶川武志プロと静夫人